総量規制外ローンを選ぶポイント

総量規制外のローンを選ぶ際のポイントはまず事業者が銀行か貸金業者、要するに消費者金融かどうかをチェックすることです。
そもそも総量規制と言うのは貸金業法によって定められる融資額制限であり、貸金業法は貸金業者に対して適用されるものとなっています。
銀行は事業区分において貸金業者では無く銀行業として分類されますから、貸金業法の影響を受けることはありません。
従って一般的なキャッシング、カードローンの場合は銀行であれば総量規制外になると覚えておきましょう。
しかし貸金業者だから常に総量規制の対象となるのかと言われるとそうでもなく、貸金業者であっても一定の条件を満たした融資の場合は総量規制外として扱ってもらえることがあります。
例えば顧客に一方的有利となる借換えや個人事業者に対する貸付といったものは例外に指定されているため、こうした借り入れであれば貸金業者であっても総量規制外となります。
しかし借換えや個人事業者への貸付といったサービスは一般的にキャッシングやカードローンという言葉から連想されるフリーローンとは性質が異なるものですから、基本的には銀行でなくては総量規制の対象外にはならないと考えて差し支えありません。
ただ「銀行なら総量規制外だから多く貸してくれる」と考えるのは間違いで、むしろ総量規制の影響を受けないからこそ、そこではかなり厳しい基準での審査が行われています。
銀行によっては年収制限をかけて年収が一定額以下の場合はそもそも申し込めないというようにしているところもありますから、総量規制がないからといって飛び付くのではなく事前にしっかり情報をチェックしてから申し込むようにしましょう。
総量規制とは | 貸金業法についてはこちら