自営業で即日融資を受ける方法

自営業の人はカードローン審査で不利になりますが、即日融資を受ける方法はあります。自営業でも、医師、弁護士などの職業に就いている人は、カードローンはもちろん、住宅ローンなども問題なく借りられます。ここでは、医師や弁護士のような自営業でも高収入の職業に就いている人は除いて考えてみます。

自営業の人が即日融資の審査で不利になるのは、収入が安定しないことが1つの理由です。また、雇用保険などのセーフティーネットがないことも、理由となっています。社会保険にも未加入で、国民年金、国民健康保険となっています。事業に失敗をしたら、一気に返済困難になってしまう可能性があります。

しかし、即日融資といっても、10万円を借りる場合と、100万円を借りる場合では審査の難易度は大きく異なります。自営業でも、50万円以下の無理のない金額を借りるだけなら、現在安定した収入を得ていれば可能性はあります。200万円以上のお金を借りるとなると、返済に5年以上もかかることもあり、5年後も安定した職業に就いているかどうかはわからないため、不利になるでしょう。即日融資を受けるためのコツは、希望借入額を控えめにして申し込むことです。

自営業の人は、審査で不利にはなりますが、それは一般論に過ぎません。事業が安定してくれば、普通のサラリーマンよりも高収入を稼げる可能性がある職業です。事業が安定しているということを証明できれば、高額な融資を受けられる可能性もあるでしょう。
即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!はこちら